梅雨の雲間の南アルプス

下の写真… 7月3日朝8時頃、雲間に久し振りに南アルプスが見えていました。意外と山の頂きがハッキリと見えます。真ん中は甲斐駒ケ岳、その左は鋸岳です。伊那谷ではこのように山は見えたのですが、甲斐側では厚い雲が立ち込めている様子が伺えます。更にその南東側の静岡県、東の神奈川県などの太平洋沿岸地域では、梅雨前線の影響でもっとすごい雲が湧いていたのではないかと思います。

下の写真… 仙丈ケ岳です。こちらも頂上ははっきり見えますが、中間層は雲に覆われています。

下の写真… 空を含めて広く撮ってみました。雲が何重にも大地を覆っています。この2時間半後の10時半ごろ、熱海市で大規模の土石流が発生し、20人位が行方不明になっているそうです。何とか助かってくれると良いのですが。それを願いながら今日は早めに筆を置きます。

2021年7月4日 記  カメラ SONY  RX10Ⅳ

前の風景の記事 木曽 黒川 白山御嶽神社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイに仕事で10数年滞在していました。日曜日はゴルフをしていましたが、ある時花の綺麗さとカラフルな鳥の美しさに気付いてしまいました。  それからはカメラをバッグに入れてゴルフです。あるゴルフ場では「写真撮りの日本人」で有名になってしまいました。(あ、ゴルフ場には迷惑をかけておりません。)それらの写真をメインに日本での写真も織り交ぜて見ていただければ幸いです。 また、異郷の地で日本を思いつつ自作した歌を風景の動画とともにご紹介していきたいと思っています。