中秋の名月

昨夜は中秋の名月でした。夕方からは曇りの予報でしたが雲間から時折月は姿を見せてくれました。そして撮影の最後に番外のサプライズがありました。

下の写真… 正にまん丸の大きな月でした。時間は7時20分です。

下の写真… 折角出た月がもう雲に隠れようとしています。

下の写真… 右から濃い大きな雲塊が押し寄せてきています。

下の写真… 満月がある程度雲に隠れると、逆に遠くの山が浮かび上がってきました。真ん中に甲斐駒ケ岳、右に薄いですが仙丈ケ岳です。満月の光は明るいものですね。この時が7時27分。後はしばらく雲の中で写真は撮れないなと片付けを始めました。

下の写真… すると花火の音が聞こえてきました。目を上げると5~6㎞先の打ち上げ花火が目に入って来ました。どうも7時半からこの頃お馴染みの突発の花火を上げた様です。慌ててカメラを再度三脚に据えて撮りました。

下の写真… 何故か色の写りが良くない気がしますが、今のところ原因不明です。

下の写真… 岡本太郎の ”芸術は爆発だ!” の一場面になりそうな写真が撮れました。

2022年9月11日 記  カメラ SONY  RX10Ⅳ

前の風景の記事 梅雨開け 雲の芸術

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイに仕事で10数年滞在していました。日曜日はゴルフをしていましたが、ある時花の綺麗さとカラフルな鳥の美しさに気付いてしまいました。  それからはカメラをバッグに入れてゴルフです。あるゴルフ場では「写真撮りの日本人」で有名になってしまいました。(あ、ゴルフ場には迷惑をかけておりません。)それらの写真をメインに日本での写真も織り交ぜて見ていただければ幸いです。 また、異郷の地で日本を思いつつ自作した歌を風景の動画とともにご紹介していきたいと思っています。