ランデブーのホシミスジ(蝶)

下の写真… 梅雨の晴れ間にはいろんな昆虫が出て来ます。庭にはミスジチョウの仲間のホシミスジがよく舞っています。7月初めのある日、山椒の葉っぱの裏側に止まっているホシミスジを見つけました。何で裏側なのか分かりません。隠れているつもりなのでしょうか。

下の写真… するともう一匹のホシミスジがそこへ飛んできました。隠れていても仲間がいると分かるのですね。

下の写真… 裏側の蝶の真上に来ました。

下の写真… すると上のホシミスジは同じように翅を広げ、上下対称の形になるではありませんか。暫く二匹ともジッとしていました。でも密かに会話していたのかもしれません。

「ねえ、僕と付き合ってください。」

「私、まだ一人でいたいの。誰か別の人探して。」

「そんな事言わないで。お願い。」

下の写真… 今度はジッとしていた下の蝶が動きを起こしました。

「御免なさいね。私、行くわ。さようなら。」

そして下の蝶は飛び去り、上の蝶は暫くジッとしていました。失恋の痛手で動けなかったのでしょうか。自然界も中々厳しいものがあります。

上の会話は私の想像ですが、動植物の気持ちが分かる様になれば楽しくなりますね。 え?、人間だけでも煩わしいのに、そんなところまで首を突っ込みたくない。そうですね、想像だけの方が良いかもしれませんね。

2021年7月22日 記  カメラ SONY  RX10Ⅳ

前の昆虫の記事 薄く透けるウスバシロチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイに仕事で10数年滞在していました。日曜日はゴルフをしていましたが、ある時花の綺麗さとカラフルな鳥の美しさに気付いてしまいました。  それからはカメラをバッグに入れてゴルフです。あるゴルフ場では「写真撮りの日本人」で有名になってしまいました。(あ、ゴルフ場には迷惑をかけておりません。)それらの写真をメインに日本での写真も織り交ぜて見ていただければ幸いです。 また、異郷の地で日本を思いつつ自作した歌を風景の動画とともにご紹介していきたいと思っています。