「西山静山」の記事

地龍の剣29

   お蘭との再会の巻2 「お侍さん、先程は見事な腕前、感服いたしました。手前は水運を生業にしている日本橋水運…

地龍の剣28

   お蘭との再会の巻1 道灌山に通うようになって十日ほど経ったある日、山からの帰り道、屋敷近くの伊勢町堀であ…

地龍の剣27

   峰山家の秘密の巻5 その日の夕餉の後、龍之進は父に仏間に来るように言われた。油芯に灯る火が揺らめいて、漆…

新年 南アルプス展望

明けましておめでとうございます。 本年もブログのご愛読よろしくお願い致します。 今日一日の南アルプスの様子を写…

地龍の剣26

   峰山家の秘密の巻4 奈須屋を出た所で佐吉が龍之進に言った。 「最後の町耳目は吉原です。」 「エ? 私の屋…

地龍の剣25

   峰山家の秘密の巻3 「この話はこれ位にして、ボチボチ昼近くでしょう。家のかみさんが隣でうどん屋をやってい…

地龍の剣24

   峰山家の秘密の巻2 「親分、薪町の峰山様のご子息をお連れしました。」 佐吉が家の奥に向かって声を掛けた。…

地龍の剣23

   帰郷の巻2 「父上、修行を終えてただ今戻りました。」 久し振りの龍之進の声に父は頷きながら言った。 「龍…

地龍の剣22

   お別れの巻3 「ところでお葉、コウタケの炊き込みご飯は美味しく出来たかな。」 と、清兵衛はお葉に話を振っ…

地龍の剣21

   お別れの巻2 食後の一休みをしている時、音吉がある提案をした。 「龍之進様、本仁田山までどちらが速いか競…